持続可能な社会の実現 持続可能な社会の実現

What’s SDGs?持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

Why SDGs?なぜSDGsに取り組むのか

持続可能な開発というテーマは以前から繰り返し議論されてきた内容で、これまでは国やNGOが主体になるものが多く、1人1人が当事者としての意識を持ちにくいというものでした。

しかし、2015年に国連総会で決議されたSDGsは、前進のMDGs(Millennium Development Goals)で行った内容を活かし国や途上国だけでなく、先進国の課題を網羅し、民間企業による取り組みを求めた点が大きな違いです。

そのため、企業におけるイノベーションが期待されています。市場規模としては、12兆ドルの経済効果と最大3億8000万人の雇用が創出される可能性があるとも言われています。だからこそ、グローバル企業のトップをはじめ、多くの企業でSDGsへの取組みが開始されています。さらには、株式市場でも環境(Environment)と社会(Social)、企業統治(Governance)に配慮したESG投資に注目が集まっています。

だからこそ、今後の企業活動を大きく変えると言われるSDGsに取り組む企業が増えています。

Join SDGsSDGsビジネス導入サービス

アルファクトリーでは、「17 の目標と169 のターゲットからなる『SDGs(持続可能な開発目標)』」を
推進するためのコンサルティングや取り組みを拡げるために欠かせないツールのご提案を行っています。