SDGs情報Activities

弊社名刺を水と木の資源を守る新素材LIMEX(ライメックス)にて作成しました。

2019.09.13 全般
弊社名刺を水と木の資源を守る新素材LIMEX(ライメックス)にて作成しました。

名刺をリニューアルしました。

名刺を水と木の資源を守る新素材LIMEX(ライメックス)に変更しました。

また、上記に伴い、デザインも一新し、SDGsの取り組みとして、また取り組む意思表示として、SDGsマークも名刺に入れました。名刺のリニューアルをLIMEXで行いましたので、LIMEXとは何か?LIMEXの特徴、使うことによりどう良いのか?をついでにご紹介したいと思います。

LIMEX(ライメックス)とは

新素材『LIMEX(ライメックス)』とは、石灰石から生まれた紙とプラスチックに代わる新素材です。

製造元は株式会社TBM(本社:東京都中央区)。

この株式会社TBMが提供しているLIMEXは、原料の約6割が石灰石。石灰石は、世界のいたるところで多量に埋蔵されている、ありふれた石で、その石灰石なら、日本でも100%自給自足ができる。そして、「LIMEX」から、紙とプラスチックシートの代替となりうる「LIMEXシート」を、さらに、プラスチックの代替となりうる「LIMEXペレット」を作ることができます。

「LIMEXシート」は、「LIMEX」から水をほとんど使わずに作成できることが大きな特長です。従来の紙は木材パルプを原料とするため、その洗浄に大量の水を必要とし、普通紙を1トン作るために必要な水は約100トンといわれています。しかし、「LIMEXシート」は木材パルプを使用せず作られるため、洗浄の必要がなく、水を使いません。

水が豊富な日本ではあまり注目されていませんが、紙の代替品になると期待されており、世界的には非常に注目されています。

LIMEX(ライメックス)の特徴

「LIMEX」は、容易にリサイクルできることが大きな特長です。「LIMEX」でできた製品を粉々に砕き、それを固めると、また新たな「LIMEX」ができます。

また、石灰石は無機質であるため、リサイクルなどで劣化しづらく、リサイクルを繰り返しても、物性が落ちにくく、半永久的にリサイクルを続けられると言われています。そのため、リサイクルは元より、価値の高いものに変えていくアップサイクルに利用可能で、様々な活用方法が考えられています。

例えば、「LIMEX」で制作した名刺を、何らかの理由(役職が変わるなど)で処分しなければならない場合、回収し、それらを粉々に砕き、固めれば、新たな「LIMEXペレット」を作ることができる。その後は、名刺ケースやスマホケースなど、違ったものに作り変えることができます。

現在は、企業向けの製品については回収の道筋が見えているそうで、将来的には、国や地方自治体と協力して、一般消費者からも回収できるような仕組みを構築していく構想もあるようです。

「LIMEX」の紹介ムービー

TBMについて

TBMは、SDGsに賛同しており、LIMEXを通じてSDGsに貢献しています。

主に、SDG12「責任ある消費と生産」を中心として、6 「水資源の保全」13 「気候変動対策」14 「海洋生態系の保全」15 「陸域生態系の保全」8 「雇用の創出」9 「産業の創出」17 「協働」の8つの目標を中核目標とし、積極的に貢献しています。

下記はTBMのホームページより

TBMは、バリューチェーン上の各ステージとSDGsの169のターゲットとの関連性をマッピングし、事業とSDGsとの接点を特定しました。その際、TBMのバリューチェーンがSDGsに与える影響と、SDGsを取り巻くトレンドがTBMのバリューチェーンに与える影響との、両側面から分析を行いました。そして、TBMの事業が特に大きなインパクトをもたらしうる8つの目標を、中核目標として定めました。なお、特定プロセスにおいては、自社メンバーだけでなく、外部専門家からの意見を取り入れました。

引用元:https://tb-m.com/limex/sustainability/sdgs/

まとめ

LIMEXを使用することにより、LIMEXのメーカーであるTBMが掲げるSDGsの主にGoal 6 「水資源の保全」13 「気候変動対策」14 「海洋生態系の保全」15 「陸域生態系の保全」に寄与することができます。水や森を守り、石油資源の使用量の削減にも大きく貢献するとされているLIMEXを使用することにより、世界の環境問題解決の力となるかもしれません。

現在、LIMEXで名刺を作成するのは、通常の紙よりも少し高いです。しかし、社会のために、SDGsの取り組みの一つとして、、検討してもよいのではないでしょうか。

・ロゴ制作
・名刺/パンフレット制作

企業のブランディングや戦略には、ホームページだけでは完結しません。
コンセプトを考えたロゴ制作。SDGsを取り入れ、環境を意識し名刺やパンフレットを作りたいなど、ご提案が欲しいという方は、是非ともお問い合わせください。

この記事をシェアする